黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

失われる物語――ゼンノロブロイ海外遠征予定変更

ちょっと残念なニュース。昨年の有馬記念のときに書いた華のないゼンノロブロイって話の中の

その意味では来年のパフォーマンスこそがこの馬について語られるために必要なピースになるんだろう。

って文脈からすれば海外遠征は必要不可欠なピースだったと思うだけに。秋に得られるだろう少なからぬ賞金と引き換えに、この馬だけが作ることが出来たかも知れない物語は永遠に失われることになる。まあ、それがどんな物語だったかはわからないし、挫折の苦い記憶だけが残った可能性も小さくないとは思うんだけど。そこら辺を承知の上なら、決断そのものに対しては何も言うことはない。馬は馬主のものなのだから。
ただ、


古馬に有力馬がいない現状から日本の競馬を盛り上げるためにもロブロイには国内のレースに出走してほしい、という希望をオーナーサイドは持っていた。
こんなことほんとに言ってたんだとしたらセンスない(言ってなかったとしたらこの報道はひどい)。怪我でもしたんじゃない限り、遠征中止って発表すればファンは「ああ、まあ国内に居た方がよっぽど稼げるもんね」とは思うだろう。どんな理由をつけたところで。
こうなったらこうなったで、万全な状態のタップダンスシチーとの再戦が観られるかも知れないとか、さんざん(おれが)ウォッチしてきた3歳世代と対戦してどうなんだろうとか、新しい楽しみが生まれることも間違いない。無事に秋競馬を盛り上げて欲しいと思う。