黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

みちこ:フロンティアワールド

西口の他二軒は全部埋まってたのでここへ。音ゲー側だったけど、幸いそこまでうるさくはなく。
1)芸能ラン2[4] スポラン3[8] 雑学ラン5[5]  5位 645- (7/9)
2)芸能ラン2[3] スポラン4[4] ノンセク5[3]  2位 566A (4/11)
3)雑学ラン1[6] 芸能ラン3[5] アニゲー5[5]  5位 665- (7/16)
1回目は人数少ないながらも金剛だらけ、賢帝賢王ひとりずつ混じりの厳しい面子だった。
2回目は1回戦の最後の1問を落として区間賞を逃す。取ってればひとり6問だったんだけど、勿体無かった。芸能2はただでさえ通過率がいい上に、Tさんと知識がかぶっていない分野が広く、みちこでやってる時はあまり落ちる気がしない(まあ、落ちるときは落ちるけど)。スポ4で6問取り、易問ラッシュのノンセク5を 97.43 で抜けて決勝へ。ここは学問エフェ→学問ラン4→雑学ラン4→学問タイプ、というセット。ここは結構頑張ったが、学問タイピングで意味のわからない問題に出遭う。「小説『蔵の中』を/書いたのは宇野浩二ですが、(スクロール)/書いたのは宇野浩二ですが、/書いたのは田宮○○?」という感じ。3行目に本来の問題文が来る筈なのだろうが、2行目がコピーされてしまっていて全く問題になっていない。惜しかったのは、「田宮という苗字の小説家」でTさんが「とらひこ?」と正答に辿り着いたのに、結局おれが打たなかったために取れなかったこと。調べた限りでは「『霧の中』を書いたのは田宮虎彦」が問題文の意図のようなので、今度遭遇したらとらひこってぶっこんでみる心算。宇野浩二田宮虎彦は富士見高原つながりみたい。しかしこれ、普通に難しいよな。ともあれそれともう1問落としただけで踏みとどまり、2位に喰い込む。頑張った。
3回目は遅いながらも拾いまくる展開で、89点88点で3回戦まで進み、3回戦も5問取ったが6問目の「聖帝十字陵」を落とすとそれだけで死ぬ。うう……。
白銀賢者2級のまま(1004→1008)。白銀通算は、4-5-9-11#48-22-11(+14) = +50 。