黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

世界の果てでタップダンス:ジャパンカップ

タップダンスシチーがハナへ行ってよどみのないラップを正確に踏む。結果はさておき、ここでようやく今年一番この馬らしい競馬をできたと言えるんじゃないだろうか。流石に速過ぎたのは否めないところだが。これで有馬記念でも楽に行けると面白いのだけど、さてどうなるか。
アルカセットは道中もいい行きっぷりで、仕掛けるタイミングも絶妙だった。デットーリすげえ。逆にゼンノロブロイはやはりというか、少しチャンピオンの競馬をしてしまって差される、という今年のパターンをきっちり踏襲してしまった。ハーツクライの捌きはお見事。あれで差せないのは気の毒だがこの馬の背負ってるリスクなのだから仕方ない。