黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

飛行機内

機内食を喰ったり上海にいそしんだりしていたらあんまり眠れなかった。機内食ペンネを選択したが中々旨かった。上海は牌のデザインが本当にひどくてストレスが溜まる。麻雀をよく知らない奴がうろ覚えで作っているとしか思えない。ハワイイ州との時差は -19 時間、であるから実質(日付が1日ずれるが)+5 時間、ということになる。時差ぼけは進む方が辛い、というのを聞いていて、どういうことかよくわかっていなかったが今回ようやく体感した。つまり、夜出る飛行機で7時間半飛んで現地時間で当日の朝に着くのだけど、その間に本来あるべき夜が5時間すっ飛ばされてしまう、ということなのね。全然寝てないけどもう朝だよっつう。

空港

入国審査、手荷物受け取りがテントみたいなところで行われて、こんなもんかなと思っていたのだが、後で聞いたところではコナ空港に着く国際便は1日にこの1便しかないのだそうだ。なので、そこで働いている人は午後には帰ってしまうらしい。空港はだだっぴろく、周辺にはなにもない印象。黒い溶岩、遠くにそびえるだらっとした山。

ホテル

ハプナ・ビーチ・プリンス・ホテルというところ。まあぶっちゃけ高級ホテルなんですが本当にここは素晴らしかった。静かだし、目の前が海だし、その上砂浜なのでいつでも泳ぎに行ける。身体が冷えたら温水プールやジャグジーで温まったり。逆に言えば周囲に何もないのだけど、わざわざハワイイ島に行く人はのんびりしに行くのだろうから、ホテルの居住性は最重要なポイントであろうと思う。長期滞在ならお金のこともありますからまた違ってくるだろうけど。

波はおだやか、水はぬるい、砂はさらさら。まあ泳ぐってほどじゃなくて波と戯れる感じでしたが。久々にちゃんと海入ったので超楽しかったです。