黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

そもそも結果論だし、個々のプレイを敗因と考えるのはあまり筋のいい感想じゃないのかも知れないけど、しかし8回の攻撃は勿体無かった。敵失で1点返して1点差に迫り、なお無死一二塁で高橋信二に回った場面で、ベンチの採った作戦は強攻策。それ自体は悪くないんだけど、「最低でも右方向に打って走者を進める」っていうのにベンチも高橋信もちょっとこだわり過ぎてたような気がする。おかげでインコースの球に詰まって併殺、という最悪の結果になってしまった。
でもまあ、長いシーズンこれで勝ってきたということなのかも知れない。そうであればこれはこれで仕方ないのだろう。