黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

NFL 2012 -- Week 7, part 3

Pittsburgh Steelers (2-3) @ Cincinnati Bengals (3-3)

同地区対決。どっちも綴りが憶えづらい。
試合序盤はベンガルズがリードする。1Q にピアマンのランでタッチダウンをあげると、2Q にはロスリスバーガーファンブルしたボールをリカバーし、最初のプレイでドルトンから A.J.グリーンへ針の穴を通すようなタッチダウンパス。返しのドライブもフィールドゴールにとどめ、リードして後半を迎える……かに思われたのだが、ここでドルトンが痛恨のインターセプト。それもタックしようとしたボールが手からすっぽぬけてオフェンスラインの背中に当たり、はずんだボールが相手ラインバッカーの手に収まるという実につきのないプレイだった。これでスティーラーズは息を吹き返し、ロスリスバーガーは残り時間できっちりタッチダウンを決めた上にツーポイントコンヴァージョンで同点に追いついてハーフタイムに入った。
結果的にはこのインターセプトはあまりに大きかった。後半ベンガルズは最初のドライブでフィールドゴールを決めたものの、その後の攻撃はほとんど全部スリーアンドアウト(ファーストダウン2回だけ)とほぼ完封されてしまう。スティーラーズも決してがんがんドライブが進むわけでもなかったが、フィールドゴールタッチダウンを1本ずつ決めて、勝つにはそれで充分だった。

  • ロスリスバーガーは 27/37-278yds-1TD/1INT。成功率もかなり高いし、3DE が 10/16 という数字にも勝負強さがあらわれている。流石としか。
  • ドルトンは 14/28-105yds-1TD/1INT。多分後半はほとんどパスを決められていない筈。前半は中々よかっただけに、とにかくインターセプトが勿体なかった。

Baltimore Ravens (5-1) @ Houston Texans (5-1)

これ時間無くて(あとネタバレしちゃったこともあって)殆どまともに見られてない。1敗同士の対戦で結構いい試合になるのではないかと思ったが、思った以上の大差になった。13-43 でテキサンズの勝ち。レイヴンズは守りの要レイ・ルイスが先週負傷して今季絶望とのことで、ただでさえ例年よりスタッツの悪い守備に今後の不安が残る。テキサンズは先週パッカーズにぼこぼこにされて連勝が止まってしかもレイヴンズ相手だったのでずるずる行くかもと思ったのだがきっちり踏み止まった。こういうことができるのはほんとに強いチームだよなあと思う。

Other Games

bye はドルフィンズ(3-3)、ブロンコス(3-3)、チーフス(1-5)、チャージャーズ(3-3)、イーグルズ(3-3)、ファルコンズ(6-0)。まあ 3-3 のところは休みなら休みでいいかなというところか。特にチャージャーズは先週の負け方がひどかっただけに bye はありがたかったかも知れない。

  • WAS(3-4)23-27NYG(5-2)ジャイアンツが残り2分切ってから逆転勝ち。なんだかんだ言って強いなあ。
  • DAL(3-3)19-14CAR(1-5):パンサーズはどうしちゃったんだ。ファルコンズに惜敗したあの試合を最後に全然いいところがない。まあこんなもんかも知れんが。
  • NO(2-4)35-28TB(2-4):とうとう目覚めたかブリーズ。27/37-377yds-4TD/1INTとかなり人外のスタッツをマークしたらしい。
  • GB(4-3)30-20STL(3-4):案の定(先週の記事参照)ロジャーズ全開。30/37-342yds-3TD/0INT だからこっちの方が人外かも知れん。こりゃすっかり手がつけられない。ヴァイキングズファンとしては頭の痛い材料だ。
  • CLE(1-6)13-17IND(3-3):コルツは Week 7 にして昨年の勝利数を超えた。アンドリュー・ラック > カーティス・ペインター だな。ブラウンズはせっかく先週勝ったのにまた負け。
  • JAC(1-5)23(OT)26OAK(2-4):レイダーズ久々の勝利。つっても相手はジャクソンヴィルだけども。そしてだいぶ苦労したみたいだけども、"An ugly win is better than a pretty loss," というカーソン・パーマーの言葉どおりとにかく勝ちは勝ち。ジャガーズはエース RB モーリス・ジョーンズ−ドリューと QB ギャバートが負傷退場、バックアップ QB のチャド・ヘニー*1は 9/20-71yds-0TD/0INT とぱっとしなかった上に最後試合を決めるファンブルまでやらかしたらしく。てかヘニー、ジャガーズに居たのか……。

*1:ドルフィンズ。昨季は開幕からスターターを務めたが4連敗後に肩を負傷してそのままシーズンアウトだった。