黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

NFL 2015 -- Week 13

今週は時間無いので簡略版で。なんで時間ないかってデッキ組んだり高専ロボコン見たりしてるからなんだけど。
GB(8-4) 27-23 DET(4-8):ライオンズが 3Q 途中まで 0-20 とリードしていながら逆転負け。さすがに手出てまう。最後の最後までライオンズはリードしていたのだが、タイムアップになりながらも超微妙な判定のフェイスマスクでパッカーズは 15 ヤード前進して1プレイ与えられ、それでも自陣 39 ヤード地点だったのだが、そこからロジャーズがヘイルメリーを決めて奇跡の逆転勝ちを収めた。
SF(4-8) 26-[OT]-20 CHI(5-7)フォーティナイナーズがオーヴァータイムの末逆転勝ち。レギュラータイムの最後にギャバートがスクランブルから 44 ヤード走りぬいてタッチダウン、オーヴァータイムではトリー・スミスへのタッチダウンパスを決めたとのこと。将来を失ってからキャリア最良のときを過ごしているように見えるのはなんとも皮肉。
SEA(7-5) 38-7 MIN(8-4)シーホークスやりたい放題で完勝。プレイオフ怪しいかもとか書いてたけど全然そんなことねー。流石に物理的に地区優勝は難しそうだがワイルドカードは充分あるというかもはや最有力候補だな。ヴァイキングズは全くいいところなく負け。やっぱりまだ地力はないのかねえ。パッカーズ戦といい、格上相手だと力以上に差のある感じの負け方をするのは気になるところ。今年まだ負け越してるチームにしか勝ってないそうです。

  • ヴァイキングズ唯一の得点はコーダレル・パターソンのキックオフリターンタッチダウンだった。確かシーズン二本目で、キャリア四本目とかの筈。三年目の Week 13 でこれだから明らかに才能はあると言える。

NYJ(7-5) 23-[OT]-20 NYG(5-7):ジェッツがオーヴァータイムの末逆転勝ち。ジャイアンツは 2Q に 20 点取ってそれっきりだったらしい。4Q に敵陣4ヤードでの 4th&2 でギャンブルに失敗した場面があったらしく、結果的にはそれが響いた。
HOU(6-6) 21-30 BUF(6-6)テキサンズ、終始先行されて、4Q にようやっと(2ポイント決めて)追いついて、でも最後は突き放されて負け。ビルズには勝っておきたかったな。最後6点ビハインドでの自陣からのドライブも、一発でファーストダウンを取れるパスを4本投げて全部決まらず、その場で相手に渡った攻撃権でフィールドゴールを決められて止め、とどうにも雑な印象だった。
CIN(10-2) 37-3 CLE(2-10):これ言うべきことなさすぎるな。ブラウンズの先発はオースティン・デイヴィスだったとのこと。
BAL(4-8) 13-15 MIA(5-7):またしてもマット・ショーブがインターセプトリターンタッチダウンを喰らっていた。そこまで力がない QB とは全然思えないんだけどなあ。タネヒルは 9/19-86yds とかで、よく勝ったなのひとこと。
JAX(4-8) 39-42 TEN(3-9):同地区の殴り合いはマリオタのタイタンズが勝ち。およそ一年ぶりに地元で勝ったとか。あと 87 ヤードだかのタッチダウンラン決めてた。前途は明るい……ということにしておこうか。
ATL(6-6) 19-23 TB(6-6):これバッカニアーズが最後に逆転して勝ったんだけど、その逆転タッチダウンドライブでウィンストンのすごいプレイがあった。3rd&19 のパッシングシチュエイション、しかしカバーが厳しく投げられず、仕方なく走り出す。10 ヤード行かないうちにディフェンスに捕まって完全に止まり、前に倒れて手をついてしまう……が、膝は相手ディフェンスの身体の上にあって地面には触れていなかった。立ち上がってふたたび走り出し、ファーストダウンを更新した。その後ドライブを続けて逆転タッチダウンにつなげたのは上に書いたとおり。執念に満ちたナイスプレイだった。この勝利はウィンストンのものだ。そして勝敗数でも、ワイルドカード争いの端っこにからんできた。
ARI(10-2) 27-3 STL(4-8):同地区殺しのラムズも流石に失速。まあそりゃそうだろうな。
KC(7-5) 34-20 OAK(5-7):あれ? カンザスシティいつの間にか AFCワイルドカードのトップあたりにいるぞ? 
DEN(10-2) 17-3 SD(3-9)チャージャーズはホームで五連敗。どうやらサンディエゴ最後のシーズンになりそうといういう話なのに全く元気がない。ブロンコスもオフェンスではタッチダウン1本だけだったが、なんとか守り勝った。
PHI(5-7) 35-28 NE(10-2)ペイトリオッツこれ負けるのかよ。なんだよもー。ディフェンス以外の失点が 21 点あったとのこと。
CAR(12-0) 41-38 NO(4-8):セインツが華麗に逆転負け。残り1分までリードしていたのだから意地は見せたというところか。しかし流石にプレイオフは絶望的になった。パンサーズはなんと 12 連勝で地区優勝を決めた。開幕 12 連勝は NFL 史上9回目とのこと。
IND(6-6) 10-45 PIT(7-5)スティーラーズが快勝。ベンガルズの影で目立たないが、ロスリスバーガーが怪我したりしてるわりには順調に星を伸ばしている。AFCワイルドカード争いもかなり熱くなりそう。
DAL(4-8) 19-16 WAS(5-7):マンデーナイトフットボールNHK-BS ではしょりまくりながら放送してた。マンデーナイトとは。しかし試合自体は結構きわどく、終了間際にカズンズがタッチダウンパスを決めてレッドスキンズが追いつく→ちょっと残った時間でカウボーイズがさよならフィールドゴール、という熱い展開だったようだ。カウボーイズは今季ロモ抜きで初めて勝った。レッドスキンズはこれでも NFC 東の首位で、ジャイアンツとイーグルズがゲーム差なし、その1ゲーム下にカウボーイズ、となったのでなんとカウボーイズにもまだぎりぎりチャンスがある感じになっている。ひどい。まあ毎年ひとつふたつこういうディヴィジョンあるけども(そして昨年それは NFC 南だったのだ)。