黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

トーキョーグリモワール、今更に雑感。

やってます。今作でも CN は「たかしおの」、キャラはセリオス。自分としてはいまさら変える理由もないんだけど、初代からキャラも CN も変えないでやってる人さすがにかなり少なくなってそうだとは思う。


意外なことにシステムをまたいじってきて、トーナメントは 8→4→2 から 9→6→3 になった。これはおれみたいな養分勢にはありがたい変更で、平たく言えばとにかく前作よりは希望が持てる。前作のシステムだと特に決勝がきつかった。なんかガチバトル*1みたいで楽しくはあったのだけど、お互いの自選で戦うこと、連続正解による回復、ライフで勝負がつくシステム、とにかくあらゆる要素が格下に不利で、きわめてアップセットが難しかった。その点今作の「12 問制で3人の自選3問ずつとランダムで選ばれるジャンル形式3問」というのはまだしも紛れが生じやすい。これぐらいの紛れは必要だと思う。
紛れといえばお助け魔法がなくなったのも少し意外だったけど、これも紛れを起きやすくすることに貢献している。一問刺したはずのをセンリガンでチャラにされると同じ条件でも格下はどうしても不利になってしまう。
前後半で三種類の魔法をどのタイミングで打つか、というのはそれだけで結構面白かったとお世辞抜きで思っているのだけど、クイズゲームに内包するにはやや繁雑すぎたのかも知れない。個人的にはわりと好きだった一方で、ちょっとわずらわしいなとも同時に思っていて、なくなってみたら「ああさっぱりしたな」という感じはした。


組分けもひさびさに機能するレベルで実装されている。前作では自分で参加できる組を選べたが、一応「適正組」というのは設定されていた。ところがよっぽどひどい成績を取らない限りは落ちないようになっていて、ほとんど役に立たなかった。今作では直近三戦の平均順位(小数点以下切り捨て)が3位以上なら昇級、7位以下なら降級となった。比較的ほいほい上がれるのでストレスが少ないし、力が足りなければきちんと落としてもらえる。組を分けるのならこれぐらい流動性がないと意味がない。


それで、今たぶん 15 ゲームぐらい、どうにかドラゴン組にいて、一回対人で優勝もできた。人間7人の予選を6位で抜けるような有様だったんだけど、準決勝を3位で抜けて、決勝では自選択のライフスタイル四択で二問ブッ刺した後続く相手の二セットで並ばれて、最後マジックアカデミーの芸能一問多答で単独正解もぎ取って勝った。まあ要するに殆どまぐれなんだけど「EL&P のアルバムのタイトル」っていう問題で、展覧会の絵は入る、リボルバーは別の人だから入らない、あとひとつ、みたいなところまでは自力で辿り着いてたので大目に見てください。あと、このエントリで一番書きたかったのはこの段落なので、自慢は要らんとかそういうことは言わないように。
それはそれとして、早晩フェニックスに落ちることは間違いないと思う。ロートルのライトプレイヤーが生き残れるほどドラゴン組は甘くないことはわずかなプレイ数でもよくわかった。


あと適当に。

  • トーキョーが舞台というのは普通に意外だったけど、このゲームの設定については格闘科とか言い出した辺りからまあなにやってもいいんじゃないっすかねとは思っていて、なのでトーキョーが舞台でもそれはそれで、という感じ。でも一回戦が新宿中央公園のナイアガラの滝のところなのはどうしてもちょっと笑ってしまう。
  • プレイヤー情報で正解率のゲージが絶対表示になったの、なんとなく恥ずかしいけど実際にはそんなに影響は無いような気もする。数字で出たらまた違ったと思うんだけど。
  • 協力はまだやってないのでやったらまた書く、かも。そういえばアイテム引き継がれてたのはちょっとびっくりした。まあ金払ってるんだから当たり前か。
    • そういえば関係あるようなないような話だけど、PASELI の単位が「P」から「円」に変わるんだか変わったんだかしてた(→参照。「変わった」が正しい)。これちょっと前に話題になった資金決済法のあれと関係あるのかなーと思った。PASELI を仮想通貨と見なしちゃうとコナミ引当金を積まなきゃいけなくなるので。とはいえ「円」にすれば扱いが変わるのかとかはよくわからぬ。サービス終了時には返金の義務が当然あるだろうし。
  • ひさびさに検定やってみた。化学、2回目でS取れそうだったけど、22 問で 2440 点から三問連続 STJ が来て取れず。ぐぬぬ。四択でもなんでもよかったのになあ。3回目でS取りました。結構楽しかったので、好きなジャンルなら壁紙取るぐらいまではやろうかな。
  • そういえば壁紙、全然増えないなと思ってたんだけど店で売ってたりしたのね。知らなかった。金で買えると知っていたらちょっと欲しかったのもあったんだが、まあそのうちまた売り出すのかな。

*1:「放課後ガチバトル」のこと。詳しくは近くの古老に聞け。