黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

いつも使う大江戸線の駅でエレベータ工事をしているのだけど、これがまあ大変である。工事自体はたぶんまあ普通なのだが、エレベータが一本しかないので工事期間中エレベータが必要な人には階段昇降機での通行をお願いしている。実際使うときにはその階段を一時的に封鎖しなければならないらしく、そのためもあってほぼ階段ごとにひとりずつ人がついていて、また改札を出たところにも案内の人を張りつけている。案内ポスターを見ると「昇降機使用の場合は1時間ほどかかることがあります」と書いてあって、いくらなんでも大げさなと思ったが昇降機はまあ動作自体ゆっくりだし、封鎖したり解除したりとかしてれば階段1本で軽く 10 分ぐらいかかってしまいそうにも思う。地上からホームまでは階段5本だ。となれば 50 分で、確かに1時間というのも大げさではないのかもしれない。そうなると工事期間中は車椅子などの人はこの駅をほぼ使えないといってもいいだろう。なかなかに大変なことと思う。地下深い地下鉄、単純に上り下りが大変だなと思っていたけど、こういう問題もあるのだなと今更ながら認識した。