黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

赤い公園「オレンジ」

このところこの曲を毎日聞いている。
https://www.youtube.com/watch?v=E0lNhfJQ9qA
赤い公園については名前だけ知っていた。何年か前にメンバーが抜けて、そのあと新しい人が加わったというニュースをたぶん見たことがあって、でも見出ししか見なかった。そしてつい三ヶ月ほど前、悲しい出来事があった、というニュースを、やっぱり見出しだけ見た。

この曲はすごくいい。メロディがいいし、展開もうまい。アレンジもいい。アップテンポでノリのいい曲だが、メロディも歌詞もどうにも切なくて、そういうところも個人的にはとても好きなタイプの曲だ。A メロはほとんどヴォーカルの音域の下限ぎりぎりで、その低い声がまたいい。こんなにポップなロックをやってるバンドだとは全く知らなかった。そして、この曲と詞を書いた人はもうこの世にいない。
さかのぼっていろいろ聞いてみたけど、過去の曲はもう少しトリッキイな曲が多い。「NOW ON AIR」が一番素直かなと感じたが七年前の曲のようだ。この「オレンジ」とカップリングの「pray」は吹っ切れたようにポップなほうに舵を切っている。往往にしてバンドというのは続けていると難しいほうに分け入っていくものだけど、最初からちょっとあまのじゃくだったバンドが王道に寄せてくるときには、てらいのないいい曲が出てくることがある。SuedeL⇔R のように*1。今回のシングルはドラマで使われた曲だったそうで、劇中で主人公たちのバンドが演奏する曲という位置付けだったからこういう曲調だった、という事情はあったようなのだけど、それでもこれをきっかけになにか違った面が引き出された可能性はあったのかなと思う。

しかしこの曲と詞を書いた人はもうこの世にいない、のだ。それは本当に残念なことだと思う。
そういうことがあると過剰に意味を見出してしまうものだが、「最後くらいかっこつけたい」(「オレンジ」)、「君の旅がどうか美しくありますように」(「pray」)なんていう歌詞を見ると、なにか暗示めいたものを受け取ってしまうことは避けがたい。長年のファンや、ましてメンバーにとっては尚更そうだっただろう。

*1:これは完全におれの好みで、古くからのファンは往々にして初期のほうがよかったというものだけど。

シュクメルった

在宅勤務。この日は妻も家にいたので一緒にお昼を食べることにする。ちょうど松屋でシュクメルリをやってたのでそれにした。松弁ネットを初めて使ってみる。なんかパスワード周りの仕様が怪しくてきな臭いので支払いは現地にした。あのシステムにクレカの情報渡したくないという気持ち。店は思ったよりかなり混んでいて、テイクアウトして家で食べる。ほぼ一年ぶりだけどおいしかった。チーズとニンニクとイモと鶏肉ってそりゃ旨いだろうとしか言いようがないよな。ごはんを普通盛りと大盛りにしたら妻には普通盛りが多かったようで、大盛り+α食べることになった。さすがにおなかいっぱい。

NFL 2020 -- Conference Championship

もうほとんどおしまい。今年はプロボウルは開催しないので(選手は選ぶ)、まああんなものどうせ見ないんだけど、本当にあとはスーパーボウルだけ。

Tanpa Bay Buccaneers (11-5; NFC#5) @ Green Bay Packers (13-3; NFC#1)

NFCワイルドカードから勝ち上がってきたブレイディ率いるバッカニアーズと、第1シード、1st ラウンドバイからディヴィジョナルであっさりラムズを下したパッカーズとの対戦になった。ブレイディ対ロジャーズ。先週に続き、NFL 史に残ろうかというクウォーターバック同士の対戦になった。
最初のドライブからブレイディはエンジン全開。3rd&long を三回作られるが最初の二回はブレイディが長いパスを通して更新し、三回目は WR エヴァンズへのタッチダウンパスだった。パントを一本ずつ蹴った後、パッカーズも反撃する。自陣 10 ヤードからの攻撃だったが、ロジャーズがパスを次々に決めてミッドフィールドへ。3rd&3 から右サイドの WR ヴァルデス-スキャントリングへのロングパスが通り、ランアフターキャッチで 50 ヤードのタッチダウンとなった。7-7 の同点。その返しのドライブでバッカニアーズはすぐに突き放す。ブレイディが中央奥の WR ゴッドウィンへの超ロングパスを決めて一気に 20 ヤード地点まで進むと、次のスナップで RB レナード・フォーネットが右オープンを 20 ヤード走り切ってタッチダウン。ここはフォーネットの個人技というかパッカーズのタックルミスの連続というか、普通ならタッチダウンにはならないプレイだった。ともあれ 14-7 となる。その返しの攻撃、パッカーズは自陣から刻んで刻んで 15 プレイ 7:25 のロングドライブとなったが、6ヤード地点で止まってフィールドゴールどまり。しかしディフェンスが返しのバッカニアーズの攻撃を自陣まで進まれながらパントで終わらせると、自陣 13 ヤードからとはいえ残り 2:10 と絶好のタイミングでパッカーズに攻撃権が回ってくる。時間を使い切ってタッチダウンを取れれば最高、という状況だったが、自陣 40 ヤードまで前進してからロジャーズがサックされて7ヤード下がり 2nd&17。次のプレイでロジャーズが中央の WR アレン・ラザードに投じたパスが CB マーフィー-バンティングにインターセプトされてしまう。とはいえ残り 25 秒、バッカニアーズは自陣 49 ヤード地点からの攻撃。タイムアウトがふたつあるので、少し前進してフィールドゴールを決めるのが現実的な目標と思われた。しかしラン、パス失敗、パス失敗で 4th&4 となり、ギャンブルしてフォーネットにパスを通して 1st ダウンは更新したものの、敵陣 39 ヤード地点で残り 0:08、タイムアウトも使い切ってしまう。フィールドゴールを蹴るなら 57 ヤードになる。サイドライン際にパスを投げて外に出て5、6ヤード進んでからフィールドゴールか……と思われたところ、プレイコールはまさかのロングパス。WR スコッティ・ミラーは一直線に左奥に走り、ディフェンスを抜き去ったところでボールが落ちてきてタッチダウン。これはすさまじいコールだった。21-10 となって折り返し。

さらに後半最初の攻撃、パッカーズは3プレイ目で RB ジョーンズが S ホワイトヘッドに強烈なタックルを受けてボールを失ってしまう。ボールは8ヤード地点までリターンされ、そこからのバッカニアーズの攻撃の最初のスナップであっさりブレイディが TE ブレイトへタッチダウンパスを決めて、28-10 と3ポゼッションゲームになる。とはいえこれであわてるパッカーズではない。ソフトな守りになったバッカニアーズに対してロジャーズがどんどん短いパスを通してまず一本タッチダウンを返し 28-17。返しのドライブでは右サイドの WR エヴァンズを狙ったブレイディのパスがインターセプトとなって攻守交代、これで得た攻撃を再びロジャーズがこつこつ進めて 15 プレイでタッチダウン。ツーポイントには失敗したが、一気に 28-23 と1ポゼッション内に差を詰める。次のバッカニアーズの攻撃でもブレイディはインターセプトを喫してしまう。中央への球足の速いパスをエヴァンズが弾いてしまいそのボールを奪われたというものだったで若干運が悪かったか。パッカーズはついに逆転を目指すドライブを始めたがここはスリーアンドアウトで終了。ところがさらにブレイディは次のドライブでもインターセプトを喫してしまう。プレッシャーを受けながら右サイドのエヴァンズへ投じたパスだったが、投げる直前にヒットされてボールが伸びず、エヴァンズはまるっきりボールを見失って、そのだいぶ手前に落ちてきたボールを CB アレクサンダーがインターセプトした。今度こそ逆転したいパッカーズだったが、サック、パス失敗、パス失敗でまたしてもスリーアンドアウトに終わる。終わってみればここの二回のスリーアンドアウトが痛かった。このあとバッカニアーズフィールドゴールを決めて8点差となり、パッカーズはその返しの攻撃で残り8ヤード地点の 1st&Goal まで攻め入ったものの、パスを三回失敗して 4th&Goal、残り 2:05、タイムアウト三回。ここでパッカーズの選択はフィールドゴールだった。もちろん充分ありうる選択肢だが、それでもやや消極的だったようにも思う。バッカニアーズはこれで得たボールを最後まで手放さず、勝利をものにした。

タッチダウンパスはともに3本。インターセプトはブレイディが3、ロジャーズが1。スタッツだけで言えばロジャーズのほうがよかった。しかし被サックはブレイディが1、ロジャーズが5。大事なところでバッカニアーズディフェンスはロジャーズを潰すことができていた。そして前半終了間際のタッチダウン。あのコールはすごかったし、ちゃんとディフェンスを抜いたミラーもしっかりパスを落としたブレイディも素晴らしかった。ミラーはこの日2キャッチだけ。こういう選手をちゃんと使えるのは強いよなあと思う。
パッカーズは後半のブレイディのインターセプト三連発につけこめなかったのが直接の敗因にはなろうか。バッカニアーズのディフェンスが頑張ったとは言えるが、それにしても日頃あれだけ勝負強いロジャーズがここで連続スリーアンドアウトというのはつらい。最後のフィールドゴールも疑問は残るが、その少し前にすでにパッカーズは負けに近づいてしまっていたように思う。

最終スコア:TB 31-26 GB

Buffalo Bills (13-3; AFC#2) @ Kansas City Chiefs (14-2; AFC#1)

AFC のチャンピオンシップは上位シード2チームの対決となった。ビルズは初戦コルツに苦戦したもののレイヴンズはほぼ完ぺきに抑え込み、この勢いでスーパーボウルに行きたいところ。チーフスは前週脳震盪で状態が危ぶまれたマホームズプロトコルをクリアしてまずは一安心。とはいえつま先の怪我もあり、持ち味のひとつである機動力は活かしにくいコンディションではあろう。NFC とは対照的に若手 QB 同士の対戦となった。
ビルズが序盤は主導権を握る。オープニングドライブではいきなり敵陣 48 ヤードの 4th&1 でギャンブルを成功させ、K タイラー・バスが 51 ヤードのフィールドゴールを決めて 3-0 と先制。チーフスの最初の攻撃はスリーアンドアウトに終わらせ、次の攻撃ではパントに終わったものの、なんとチーフス PR のハードマンがマフる。それも両手でがっちり取りながら左後ろにこぼしてしまうという、どうすればそうなるんだというような落とし方で、これをビルズが3ヤード地点でリカバー。で、アレンが TE ノックスにパスをスッと決めてタッチダウン。バスが PAT を外したものの、9-0 とリードを広げた。
しかしチーフスは昨年ポストシーズンの全ゲームで 10 点以上のビハインドをひっくり返している。これぐらいで慌てるはずもない。返しのドライブではマホームズが刻みに刻んで七分使ってタッチダウンを返すと、ビルズの攻撃を5プレイで切ってとり、次のドライブではハードマンが 50 ヤードのビッグゲインを決めてあっさりもう一本タッチダウンを奪ってしまう。9-14 とあっという間に逆転した。さらに次のビルズの攻撃はスリーアンドアウトに終わり、チーフスはその返しのドライブでまたしてもタッチダウンを奪った。ビルズディフェンスはマホームズにあまりプレッシャーをかけることができず、怪我明けのマホームズにパスをよく通されてしまう。
前半終了まで四分強、ようやくビルズはアレンが冷静さを取り戻し、いいドライブを見せる。WR ビーズリーや WR ジョン・ブラウン、RB T.J.イェルドン(ビルズにいたのか~)にパスを散らし、時には大胆に自ら走ってファーストダウンを更新する。これで1スコア差まで行きたかったが、最後8ヤードの 1st&Goal が取り切れず、4th&2 でフィールドゴールに終わる。12-21 と得点差は大きくなかったが、ビルズにとってはどうにもモメンタムをつかめない前半だった。

後半はチーフスの攻撃から。48 ヤード前進したがそこで止まり、フィールドゴールで3点追加して 12-24。これはビルズがよく守ったといえるかもしれない。返しの攻撃でビルズはアレンがふたたびパスをよく通して敵陣8ヤードまで迫るが、4th&3 で諦めてフィールドゴールを蹴る。これで 15-24 となるが、前のチーフスの攻撃と合わせて後半に入ってから9分以上費やしたのに2ポゼッション差のままというのはいかにもつらい展開だった。そして案の定というか、返しのドライブでチーフスにまたビッグプレイが飛び出す。自陣で短いパスを受けたタイリーク・ヒルが、スピードを活かして次々にディフェンスを交わし、あわやタッチダウンかという 71 ヤードのゲインを決める。最後はマホームズがケルシーにパスを通して、15-31 とリードを広げた。
ぎりぎり2ポゼッション差でのビルズの反撃、アレンは細かいパスを積み重ねてドライブを進める。途中サックを受けて 3rd&14 を作られるが、ビーズリーへ 13 ヤードのパスを通して 4th&1 として次のスナップで更新。さらにスクランブルで自ら走って 18 ヤードゲインするなど、冷静なクウォーターバッキングでついにはレッドゾーンにボールを運ぶ。しかし 2nd&10、左サイドへの短いパスがインターセプト……。五分かけて 55 ヤード進んだドライブが水の泡になってしまった。この返しのドライブをチーフスは今度はしっかりダレル・ウィリアムスのランを使って時間を費いながら前進し、五分使ってタッチダウン。これで 15-38 となりビルズは非常に苦しくなった。返しのドライブ、チーフスの守りがややソフトになったところを突いてタッチダウンを決めるが、23 点ビハインドなのでツーポイントに行かざるを得ない。残念ながらこれは失敗し、17 点ビハインドであるから3ポゼッション差のままになってしまった。それでも K バスがオンサイドキックを成功させて続けて攻撃権を取り、フィールドゴールまで行って 14 点ビハインドまで詰めたものの、次のオンサイドキックはさすがに失敗。残りの 3:14 をチーフスが喰いきって、24-38 で勝ち。

最終スコア:BUF 24-38 KC

ジグソーパズル

なぜか突然我が家にジグソーパズルブームが来た。先日 300 ピースのやつを完成させたのでよし次は 500 ピースだ!と言って購入し、この日それが届いたのだが四人で寄ってたかってやってたら二時間もかからずに完成してしまった。こんなもんだったっけな。これで調子に乗って 1000 ピースに行くと死ぬほど大変なのは経験的に知っているのだが、だからこそ行ってみたいという気持ちもあり。

お昼はスパゲッティミートソース。ひき肉もないので豚肉をフードプロセッサーで挽くところからやったのだが、まあなんというか相対的にはまあまあの味。子供たちはよく食べてくれたのでよかった。まあまあだろうとなんだろうとおれはスパゲッティなら何でもおいしく食べるので、自分の感想としては「おいしかった」となるが、「よくできた」との間にはちょっと隔たりがあるんだよな。まあ自分がおいしくて子供がよく食べればそれ以上望むことはないんだけどな。

代用バター

貧乏なので(というのはうそだが、まあバター高いよね)前回バターが切れて以来バターを買わずに全部オリーヴオイルで代用しているのだが、案外いけるということがわかって面白い。特にパンはオリーヴオイルでも全然いいんじゃないかと思う。ええと、パンにつけるほうじゃなくて、ホームベーカリーで食パンを焼く時の材料、ね。とかいってバターに戻したら「うまっ」てなるかもしれないけど。そんな中、たらこスパゲッティだけはあんまりよくなかった。想像していただけるとなんとなくわかるんじゃないかと思いますけど、だいたいそんな感じです。ただ、うちのオリーヴオイルがエクストラヴァージンだからという所為もあるかもしれない。少しだけえぐみのような味を感じるので。

人間ドック

五年ぶりの人間ドック受診。今回は妻と同日に受けることにした。前回受けたのと同じ病院なのだけど施設自体が移転していて、溜池山王のピカピカのビルに入っていた。健診は病院の重要な収入源らしいので、多分見た目は大事なのだろう。視力が最初測った時左 1.0/ 右 0.8 になっていて、前回(五年前)が 1.5/1.2 だったのでだいぶ下がりましたね的なことを言われた。若干自覚はあってしかし困るほどでもないのだが、なんか右だけ測り直してくれて、1.0/1.0 ということになった。内視鏡は今回は鎮静剤を入れてもらうことにした。前回しんどかったとはいえまあやれたので今回も普通に受ける気でいたのだが、初めて受ける妻がちょっと怖いというので一緒に鎮静剤を使うことにしたのだった。実際受けてみたら口にマウスピースを突っこまれたぐらいのところで記憶が完全に途切れ、目が覚めたら準備室の椅子の上に戻っていたのでめちゃくちゃ楽だった。妻は完全に終わる前に目が覚めたらしいけど、もうあとはほとんど抜くだけという段階まで進んでいたそうで、使ってもらった甲斐はあったというところだろう。
午後は休みを取ったので(人間ドックでは一日休暇はもらえない……)、帰って地元で寿司をテイクアウトして家で食べる。おいしかった! そしてそのまま週末突入。さて、結果やいかに。

[最近の]『スポーツを変えたテクノロジー―アスリートを進化させる道具の科学』 スティーヴ・ヘイク著/藤原多伽夫訳 白揚社,2020-09-15

これはなかなか面白かった。スポーツに用いられる道具がどのように進化し、いかに記録を向上させてきたかの歴史を、さまざまなスポーツにまたがって描いた一冊。
たとえば古いところでは、古代オリンピックではスタート用のバリアーが使われていた、なんて話が出てくる。短い石の柱をコースの両側に立て、その二本の上にロープを渡す。そして同時に柱を倒すと、ロープが地面に落ちてスタートが切れるというわけだ。古代オリンピックを再現した短距離走イベント、というのが毎年開催されていて、著者もそれには参加してみたらしい。地下道を通るところでは(地下道があったのだ!)かなりテンションが上がったとのことだった。
有名な話では、ゴルフボールのディンプルがある。初期のゴルフボールはつるつるだったのだが、なにせもろかったのですぐに傷がついた。だがゴルファーたちは傷ついたボールを砕けるまで使ったという。なぜなら傷がついているボールのほうが明らかによく飛んだからだ。それで、ボールメーカーはそのうちわざとでこぼこのあるボールを作って売り出した。……とまあこの辺までは知っていたのだが、このボールを作るときにはまだ発明されたばかりの風洞が使われていた、という話は知らなかった。そのメーカーでは「自動ボール打ちだし機」とでもいうべき機械を自作して試作したボールの飛び具合を調べる一方で、風洞で気流を観察して適切な形を探っていったらしい。おそらく今作ってもこの工程は本質的にはあまり変わらないのではないかと思う。先進的な思想とその実装には舌を巻く。
道具のもたらす記録の向上にもいろいろな問題がともなう……こともある。やり投げは一時期槍が飛ぶようになりすぎて、規格を変えざるを得なくなったそうだ。競技場の広さは有限で、万一そこをはみ出したらトラックを走っている選手に刺さってしまう。水泳用の水着が物議をかもしたのはご記憶にある方も多いだろう。Speedo 社のレーザーレーサーだ。あれはあまりにも大きな記録の跳躍をもたらしたため、さんざん紛糾した末に 2010 年に禁止となった。ところが、2008 年~2009 年にレーザーレーサーによって出された世界記録はそのまま残されることになったため、それらの記録は長く世界記録として残ることとなった。著者は率直に、禁止した時点で世界記録も 2007 年のものに戻すべきだったと述べている。そういえば、特に女子陸上の記録って 80 年代ぐらいに(おそらくドーピングで)樹立された記録がいまだに残っていたりして、ああいうのって扱いが難しいなと思うんだけど、水着については現在のルールで禁止のものを使っていたことは確かなので、勝利を剥奪する必要は全然ないけど記録は参考記録扱いに落とす、みたいな方法はありかもしれない。

著者は最後にスポーツで用いる道具の中でこれまでに発明されたもののうちもっとも重要なものはなにか、という問いを立てて、加硫法によって作られたゴムではないかと書いている。実は中南米では加硫法が西洋よりはるかに早く発見されていたらしく、それで作った“ゴムボール”でフットボールをしてたなんて話も本書の序盤に出てくるのだけど、その後あらためてグッドイヤーが加硫法を確立したことで様々なものが作れるようになった。応用範囲は本当に幅広かったはずだが、スポーツの分野でも極めて広く利用されたであろうことには疑いの余地がない。どれかひとつというのがそもそも無茶な問いなので、なればこの答えもありかなと思う。
道具の進歩のみならず取り上げられたスポーツの歴史や事情も垣間見える、面白い本だった。