黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

雨の中大声で笑う

息子初めての体育祭。天気はやや微妙だったが朝の時点では降っていなかったのでとにかく開催された。しかし「入場は一家族につき同時にひとりまで」という謎の制限で、仕方なく午前中はおれ、午後は妻という割り振りにする。午前中は30分間だけ見回りというミッションもあって、学校の外から撮影している人がいたら注意する、という任務だったのだけど、外から見る分には構いませんということになっていて、そうするとほとんど注意のしようもない。結局腕章をつけて学校の周りをぐるぐる歩いただけだった。それでもプレッシャーにはなるだろうし意味はあると思うけれど。
息子の出場する種目は100m走、いかだ流し、学年全員リレー。100m走は特筆すべきことはなし。がんばった。いかだ流しは生徒十数人が馬飛びの馬みたいに腰を折って背中を低くして横に並び、その上を長い竿を持った歩く役の生徒が進んでいって、通り過ぎたあとの馬の生徒は前方まで走って行ってまた馬になる……というのを繰り返して前に進み、折り返し地点で折り返してまた戻ってくる、という競技。知らなかったが見ていてなかなか面白く見入ってしまった。息子の組は女子が後れを取ったが男子が明らかにうまく、巻き返して2位だった。学年全員リレーは一見すると冗長そうだが、実際は案外盛り上がって面白い(これは幼稚園でも思った)。息子は練習の時にバトンを渡し損ねた上に大転倒してしまったことがあったらしかったが、本番ではうまくバトンをつなげていた。ちょうど息子のところで抜かれてしまい気の毒ではあったが、まあそこはめぐりあわせというものだろう。
雨は途中少し強くなって競技も中断したものの、少ししたら小降りになってほどなく再開できて、午前中最後の3年生の学年対抗リレーの時点ではほぼ予定通りの時刻に戻せていたのだけど、そのリレーの最中に土砂降りになり、もう本当にすごい降り具合で、それでも最後までリレーは続けられた。無責任な観客としては土砂降りの中のレースが無駄にエモかったのは否めない……のだが、さすがに転倒も続出していて気の毒だった。おれも傘は差していたが膝ぐらいまでずぶ濡れになった。雨の強い時間は意外と長く、20分ぐらいは続いただろうか。その後ふうっと小降りになったが、グラウンドは完全に水たまりになってしまい、この日はここまで、午後の競技は後日行います、というアナウンスがあった。当然のごとく平日なので妻は見られずじまいになってしまい、残念。
というわけで家に帰って妻が作ってくれたお弁当用のお昼ごはんをいただく。唐揚げおいしかった。サンドイッチもよかったです。運動会~って感じだ。 

FEH

  • 今日のカンスト:闇レア。闘技場のボナキャラであることに気づき、慌てて育てる。修練の塔とか想いを集めてとかにひとりで放り込んでも死なないので、あほみたいに簡単にレベルが上がる。どんなに強いキャラでも攻撃に特化したタイプだとこれはできないので、強い重装ならではかな。

Press Enter■

職場のデスクトップパソコンのキーボードのエンターキーが急にいかれた。これまでほとんど気になることすらなかったのだが、昨日ぐらいからなにか引っかかる感じになり、一度外してみたが特に汚れているということもなかったのでそのまま戻していた。それで、今日にはもう変な押し方をするとめりこんで戻らないぐらい症状が悪化してしまった*1
というわけで速攻でリース業者に連絡してキーボードとっかえてもらう。と、エンターキーに限らず打鍵の感覚がめっちゃよくなって、「これは……!」となった。毎日使っていて、特に不満もなくこんなものかと思っていたが、全体的にキーが劣化していたようだ(あるいはグリス切れみたいなものがあるのか)。こういうのはなかなか難しいな。キーボードにこだわる人の気持ちが初めてちょっとわかった気がする。やってること自体は「キーボードにこだわりがない人」そのものなのだけど。

*1:これ自体は外したことが引き金になったように思えてならず、それに関しては申し訳ないと思わなくもないが、それぐらいでだめになるのであれば結果的には交換して正解だったのだろう

サラダチキンチャレンジ

4月に異動した。のは書いたが、新しいフロアでは弁当屋に弁当を頼むというカルチャーがなく、コンビニで買ってくるか(いちおうキッチンカーとかもあるが、まあ、安くはないので……)外に食べに行くかの二択である。今回はコンビニで買う方の話。

  • ごはんは炊いて持っていくので、おかずだけあればよい。
  • 野菜は食べたい。
  • ある程度は食べ応えが欲しい。
  • あんまり高いのは困る。

……という条件から導き出したのが、「サラダチキン+なにか適当なサラダ+ドレッシング」、これである。これだと 500 円行かないし、それなりに肉が食べられて食べ応えがあるし、野菜もまあ食べられるし、ごはんのおかずとしても充分。そしておれは鶏肉が好きなのだ。これだったら毎昼でも食べられる気がする。ということでしばらくは毎回これで行くことにしてみる。選択はコストだ。飽きたらその時はその時。さて、どこまで行けるか。

FEH:きょえー!

  • 巨影討滅戦。これ、いまいちゲーム性を理解してなかったのだが(半年もやってたのに!)、ようするに青天井でどこまでダメージを出せるかというゲームで、特効とか奥義とかを駆使して大ダメージを叩き込むのが目標、というちょっと毛色の変わったイベント。双界カチュアのトライアングルアタックがこのイベントとは完璧に噛み合っていて、単純に毎回入れるのがおそらく正解。あとは巨影の奥義は9カウントながら攻撃を受けた時に発動して攻撃してきたユニットとその2マス以内の味方ユニットに10点ダメージ、かつ位置の入れ替え、という効果があり、ダメージもまあまあやっかいだが入れ替えで囲みから出られてしまうのでそこがめんどくさい。ところがシルクのメランコリーに「奥義カウントを最大値に戻す」かつ「【キャンセル】(奥義発動カウント変動量-1)を付与」というこのイベントのためみたいな効果があって、雑にメランコリーを当てているだけで一生奥義が発動しない。というわけでこの人もたぶん入れるのがよさそう、なのかな。シルク本人もシスターとしては異常に守備と魔防が高いという特性があってこのイベント向きだし。あるいは討滅戦で使うキャラにキャンセルを持たせる、という手もあるのだろうけど、四人分キャンセル集めるのも大変だし(そこまでレアスキルではないようだが)、特効の関係とかでけっこう面子が変わりそうだし、ということで双界カチュアとシルクは固定しちゃうのが現実的か。あとはその都度一番ダメージが入りそうなキャラをふたり選ぶ、と。
    • で、初めてカンスト(200000点)できた。7ターンぴったりかかったけど。
      • ただ、双界カチュアが実装された時点でもはや違うゲームまではいかないにしろダメージ効率は倍近くなっているのに、カンストや報酬の基準となるスコアは変わっていないらしく、ちょっとどうなんだろうと思わなくもない。ゲームとしてもややデザイン空間が狭い印象はあって、何度かやってると「結局毎回同じだな……」という印象にはなってしまいそう。

FEH

  • 今日の星5:闇レア。まだまだ日にちは残っているが、考えてみると無料分とチケット分は先に回してしまってかまわないかなと思って回してみたらチケットの一枚目で引いた。これはうれしい。無色竜の重装。無色の重装は少ないはずで、色を気にしなくていいのはありがたい場面が多そう。育てようっと。
  • 今日の星5:開花マリータ。余ったチケットでじゃあリリスでも狙うか……と思って赤を選んだらすり抜けでこの人が来た。これヨシュアと完全におんなじパターンやで。でも欲しかったのでうれしい。初出の時は財務状況的にとても回せなかったんだよね。育てるぞ。心流星!!
    • ところで開花のつぼみが五個も貯まってしまった。完全に宝の持ち腐れなのだが?? あと開花英雄本人の開花素質もまだ一度も使ってない。あほや。やらねば。
      • フィヨルム、レーギャルン、ヨシュア、イドゥン、マリータ。こと開花英雄に関しては異常に引きがいいよな……

手ぶらBBQ

堕落……否、変化である。もしくは、進化である。


チームNでひさびさにリアルで集まり宴を催そうということになった。せっかく集まるのだから肉を焼かなければ。いくつか候補があがった中から豊洲THE BBQ BEACH in TOYOSUが選ばれ、当日09:45に我々は市場前駅に集合した。手ぶらプラン。かつての我々からは考えられない選択であったが、それをよしとする空気があったこともまた確かだ。いつまでも若くはない。中学生ふたりと小学生を四人引き連れ、市場の馬鹿でかい建物に挟まれたいかにもベイエリアらしい人為的な道路を我々はずったらずったら会場へ向かった。周囲を歩いている人はほぼ全員おなじBBQ場を目指しておりなかなか壮観だ。若い人が多く、辺鄙な駅からなんもない方へ大勢が移動するさまはさながらロックフェスだが、現実にはどいつもこいつも肉を焼きに来ていると思うとなかなかシュールでもある。着いたらちょうど開始時間の10:00となり、我々は定められた席に向かった。一番海側のテーブルふたつ、すでに炭火は赤々と燃えて焼き網もセットされている。そして保冷バッグに入った小分けにパックされた肉と野菜が渡された。その中で異彩を放つ巨大な骨付き肉……“トマホーク”セットというからにはこいつがトマホークなのだろう。キャプテンがおもむろに骨の部分を握ってトマホークの封を切った。宴の始まりだった。テーブルふたつは大人テーブルと子供テーブルという明快な方針で分けられた。子供だけに火と肉を任せることに不安が無くもなかったが、ふたを開けてみれば主にTちゃんの活躍によってつつがなく食事は進んでいた。山麓で鍛えたはずの我が息子はすっかりソファでくつろいで食べさせてもらうがままになっていた。むむむ……。


この文体だといつまでかかるかわからんのであとは適当に。肉は最初少ないかな?と思ったけど案外たくさんあって、さらに途中回ってきた魚介の行商から魚と貝を手に入れてしまったこともあって最後のほうはいっぱいいっぱいだった。焼きそばがとにかく多い。でも総じて結構おいしかったかな。なんだかんだ言って肉は炭火で焼くと旨いということなのだろう。あと飲み放題がドリンクサーバーなのがかえってうれしくて、これ子供が小さかったら大変だったと思うけど、もう自分で行けるので任せっぱなしでよくて。あと割り材なんだと思うんだけど炭酸水が注げるのもよくて、途中まではコーラ飲んでたんだけどカロリー的には角砂糖喰いながら焼肉喰ってるようなもんなのでさすがにちょっとやってられなくて、炭酸水がめっちゃうまかった。あとおにぎり握っていったのは大正解で、焼きおにぎりも頼んではあったんだけどさらにおにぎりを食べる子供たちもいたり、そもそもおれが三つ喰ったりしたのでよかったです。若者が多かったうちの大半はどうもふたつの大グループのどちらかに属していたっぽい感じで、おそらく大規模な新歓コンパ(という言葉がまだ生きているとして)だったと思われる。酔っぱらって収拾つかなくなったりしたらどうしよう……と思ったが杞憂で、むしろもう少し盛り上がってもよいのでは……と思うなどした。完全に余計なお世話である。
で終わって13時というバグか?みたいな時間だったので台場をうろうろ。もうすぐなくなってしまう旧パレットタウンの観覧車に乗って、これはすごくよかった。やっぱ観覧車って基本楽しいよね。パレットタウンの屋上にあるSNKNEOGEOのロゴも見られてよかった。ネオジオワールドの名残りなんだけど、パレットタウンも風前の灯火となったいまとなってはなんとも言い難い哀愁を感じる。あと台場はやっぱり普通に眺めがいい。堪能しました。Tちゃんと娘とその母ふたりはスケルトンの籠に乗っていたが、あれはなかなか楽しそうであった。
さらにゆりかもめでちょっと移動してから(テレコムセンターだったかな?)ガンダムまで歩く。間近で見たのははじめてで、普通にでかい。これはなかなかよいものを作ったと思う。そんでそのそばにあるフードコートに入って休憩&歓談。子供たちにはお金をわたして好きなものを食べなというスタイルでやってみたけど、なんとかあちこち見て、まあ結局最初に席を確保したところのすぐそばでクレミア買ってたんだけど、それはそれでよくやった、という感じ。
夕方近くまでおしゃべりして、東京テレポートからりんかい線に乗って流れ解散。N家もI家も東急方面なので、我々だけが最後まで電車に残る恰好になった。
次は夏合宿だろうか。今の状況が続けば、たぶんできるよね。