黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

『ひとの目、驚異の進化:4つの凄い視覚能力があるわけ』 マーク・チャンギージー著/柴田裕之訳 インターシフト,2012-10-20

少し前の本だけどめちゃくちゃ面白かった。これはおすすめ。人間の視覚にまつわる四つの話。


小さい頃から不思議だった。人間の目がふたつ正面向きについているのは立体視のためだという。だけど、片目でも充分立体的に見えるよな? それに絵の中とか、画面の中のものだって立体的に見える。目が正面にふたつ並んでいることは立体視の、少なくとも必要条件ではない。だとすれば何故――
と、これはこの本の第二部と密接にからんでくる話。著者はこれに対して面白い論を展開していく。おれの疑問については、概ねその通り。ものを立体的に見るにはむしろ形状や既知のものの大きさを手がかりにしているらしい。では両目で見る場合、片目で見るのと何が違うだろうか。視線を遮るものがあるときそのメリットが鮮明になる。顔から少し離れたところに指を一本立ててその向こうを見ようとしてみると、脳は左右の眼から入った信号を上手く合成して、指を透かしてその向こうが見えているように感じる。手を広げて、複数の指が立っている状態にしても似たようなことが起きる。これは確かにメリットのようだが、どんな場合にメリットになるだろうか。そこで著者は別の方向からアプローチする。正面に眼がふたつ並んでついている動物にはどのようなものがいるか。そして立てられる仮説は、葉むらを透かして向こうを見ることに適しているのではないか、というもの。斬新だし説得力があってよかった。
しかしなんといっても本書の圧巻は第一部であろう。色覚に関する話だ。人間の見る世界は総天然色ということになっている。だけど、天然色ってなんなんだろう。たとえば、虫や鳥にとっては花の色が人間とは全然違って見える、みたいな話を聞いたことがある人は多いだろう。逆に、犬には色が知覚できない、という話とか(これは誤りで、黄色と青は識別できる)。あくまで天然色というのは人間の感覚に過ぎないのだ。これには意表を突かれた。考えてみるとほんとうに当たり前のことなのだけど、光のスペクトルに色を見いだしているのは人間の脳に過ぎない。可視光線というカテゴリもしかり。現実にはもっとずっと幅広い波長の光が世界にはあふれていて、そのほんの一部に人間が勝手な都合で色をつけているだけだ。そして、この色のつきかたにも少し首をかしげたくなるところがある。人間の視細胞には桿体細胞と錐体細胞があり、錐体細胞が色を知覚する。その錐体細胞が人間には三種類あって、それぞれに周波数による感度が違うのだけど、一番短い波長を感じるものはかなり離れているのに、残りの二種類の感じやすい周波数はかなり近い。
これには進化の経緯がからんでいる。脊椎動物はもともとは四種類の錐体細胞を持っていて、魚はいまでも四種類すべてを持っているものが多いらしい。ところが哺乳類は進化の途中で夜行性になった関係で、そのうち二種類を失ってしまった。なのに霊長類はそこからまた二種類のうち一種類を分化させる形で三種類目をふたたび持つにいたっている。そのためにその二種類の感じられる周波数は近いのだと考えられる――が、だとすれば尚更、どうしてそれが分化する必要があったのか。
かつて「色覚異常」と呼ばれていた人間の二色色覚の持ち主には、赤と緑を見分けることが難しい。それは上述した感じる周波数の近い二種類の錐体細胞のうち片方が機能しない状態なのだそうだ。つまり、霊長類が三種類目を再度獲得する前の視覚に近いと考えられる。そこから類推して、三種類目があれば樹上生活で葉っぱの中に花や果実を見つけやすいからそのように進化したのだと言われてきた。でもそれってほんとうにそうなのか? 著者は少し強引に実験結果やデータを並べながらそれを検証していき、そこから大胆な仮説へ突き進んでいく。これがまた意外かつ説得力のあるところにたどりついて、なるほど、それで三種類目が必要になったのか、とうなずいたところで愕然とする。その副作用としておれたちには世界がこのような色に見えているのだ!
第一部の話が長くなってしまったが、第三部ではみんな大好き錯視の話、第四部では文字の話が語られる。そちらも中々に面白かった。というわけで視覚に興味のある人にはおすすめです。ことに第一部は、本から目を上げて見た景色がさっきまでとちがって見えるようなインパクトがあった。

文庫版も出てるみたい。ハヤカワ文庫 NF、どうやら今年の三月らしい。

みんはや企画:「マジック・ザ・ギャザリング(カード名)」

読んで字のごとし、マジックのカード名を聞くクイズ。なにせ 10000 種類以上カードあるわけだから無限に作れるんだけど、さりとてどんなカードを問題にしてもいいわけじゃない。まあそれでも、聞きたいカードはたくさんあるよね。ということで楽しく 30 問作れました。平日夜に 15 人ということで大勢集まったとは言えないけど、さすがに強者が揃っていて、鋭い押しが随所に見られて大変楽しかった。うーん、こういうのが作問の醍醐味だな。全滅は一問だけで*1、《Thawing Glaciers》の日本語名を聞くという変化球(ドリームキャスト版で登場している)にもきっちり正答が出たのは熱かった。多くはないにしろ熱心なファンが多い分野っぽいので、またちまちま作っていこうと思う。

*1:《The Tabernacle at Pendrell Vale》。誰ひとり Tabernacle まで綴れなかった。

トグル

コンピュータ業界で使われる概念に「トグル」がある。みんな大好き CapsLock キー*1みたいに、同じ操作で ON-OFF を交互に切り替える UI のことをこう呼ぶのだけど、以前からちょっと不思議だと思っていた。電子部品としてのトグルスイッチは棒みたいなスイッチのことで、それは決して同じ操作で ON-OFF を交互に切り替えることはできない(単に棒を左に倒すか右に倒すかする)。もちろんアナログにも同じ操作で ON-OFF を交互に切り替えるスイッチはあって、それは普通 PUSH ON/OFF とか呼ばれる。なにかそこの不整合がずっと気になっていて、デジタル側の「トグル」という言葉を素直に使うことができずにいる。英和辞典で引いても toggle に両方の意味が出ているので、英語の時点で誤用になっている――つまり英単語と日本語の対応の問題ではないようだ。どっちにしてももやもやするのは同じだが。
# 一日経ってからあらためて考えたのだが、「ON と OFF のスイッチが別になっているわけではない」という意味では電子部品のトグルスイッチもこの文脈でいうところの「トグル」ではあるかな。でもやっぱり個人的にはまったくぴんと来ない。

*1:なんでこのキー無くならないんだろうねと書いてから急に思い出したけど、PC-6001 には CapsLock なかったんだよ! それで CapsLock がある機種がうらやましかったのを今でも憶えている。なんか、BASIC のプログラムでも小文字で打つのってなぜか抵抗あったんだよね。

忙しくねえ

あれの、前半戦最終日。しかしこの日が一番多くて5コマ全部入っていた。8時間中5時間だからそもそも半分以上そっちにかかってしまうし、間が 30 分しかなくなるので他のこと殆どできなくなる。ううむ。気がついたらあっという間に定時になってたしそこからもすること色々あってえらい遅くなった。一山越えたとは……。近所のスーパー寄ったら「おつまみ」とかいういろんな刺身の端っことか半端とかを詰め合わせた最悪の見た目のパックが半額になってたので買って帰ってみたが、これは普通においしかった。マグロの変な色の部分が特に旨かった。

ツール・ド・フランス 2020 第9ステージ

この日は面白かった。4級、1級、3級、3級、1級と山を越える山岳ステージ。最後は下り坂の後平坦が 8km ぐらい続いてゴールになる。序盤は激しい逃げ争いになったらしいのだが、観始めた頃にはマルク・ヒルシ(サンウェブ)の単独逃げが決まっていた。ダウンヒルを得意とするヒルシは下りを利して差を広げ、一時は四分以上のリードを奪う。一方でメイン集団ではユンボ・ヴィズマが強力な牽引を開始し、上位から各チームのエースがだんだん振り落とされていく。ここがめちゃくちゃ面白かった。マイヨ・ジョーヌを着たアダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)は何回かのアタックでとうとう力尽き、ギヨーム・マルタン(コフィディ)、ナイロ・キンタナ(アルケア・サムシック)、ロマン・バルデ(AG2R)も遅れ始める。抜け出したのはポリモシュ・ログリッチユンボ・ヴィズマ)、タデイ・ポガチャル(UAE チームエミレーツ)、ミケル・ランダ(バーレーンマクラーレン)、エガン・ベルナル(イネオス・グレナディアーズ)の四人で、この四人で最後の山頂のボーナスポイントを奪い合ってから前を追う。独り必死に逃げるヒルシ。ペダルを回さなくても下れるぐらいの坂であればひとりの方が速い。残り 5km のアーチをくぐったとき四人に対するリードはまだ 25 秒あった。しかし無情にも、残り 3km 付近でゆるい上り坂が待ち受けていた。一気に差が詰まり、追走四人の視界に捉えられると、ヒルシは一旦スピードをゆるめて四人の後ろについた。だがヒルシは諦めてはいなかった。ローテーションには加わらずにじっと五番手を走り最後のワンチャンスを狙う。残り 400m で、最後尾からヒルシは真っ先に動いた。90km 以上たったひとりで逃げ、あと 2km 強でつかまりながらもなお、自分から動いて勝負に行った。そして実際四人を交わして先頭に立ったのだ。すごすぎる。だが伸び切れなかった。ポガチャル、ログリッチスロヴェニアコンビが差し返し、僅差の3位に終わった。しかし僅差の勝負をできるだけで驚異的だし、ランダとベルナルは実際押さえてみせた。文句なしの敢闘賞だったが、到底それにとどまらない快走だった。勝たせてやりたかった。……とはいえヒルシは既に U-23 のヨーロッパチャンピオンと同じく U-23 の世界チャンピオンのダブルタイトル所持者であり、ステージぐらいは早晩どこかで勝つであろう。なんなら今年このあと勝っても不思議ではない。これでまだ 22 歳というから末恐ろしい。ポガチャルは 21 歳らしいけど。
マイヨ・ジョーヌはついにログリッチ、すなわち本命2チームのうちの片方であるユンボ・ヴィズマの手に渡った。もう1チームのイネオス・グレナディアーズのエース、ベルナルが 21 秒差の2位。以下マルタン、バルデ、キンタナ兄、ウラン(EF プロサイクリング)、ポガチャルまで七人がトップから1分以内にひしめいている。最初の休養日でこれはかなり接戦と言えるのではないだろうか。ちなみにこの七人、コロンビア人三人、フランス人ふたり、スロベニア人ふたりという内訳になる。面白いぐらい偏っている。

LOCK OUT! in みんはや 上半期チャンピオン大会出場権争奪戦:レポート(失格)

というわけで、あまり書くべきこともないけれど。4月から行われていた「LOCK OUT! in みんはや」、8回分のチャンピオンを集めて一発勝負のプレイオフを行い、上位ふたりが本家 LOCK OUT! の方の上半期チャンピオン大会に出られるというもの。ルールは回答権 50%、1st が 30pts.であとは 10pts.、1×で失格、16 問。
ちょっとはやれるかと思ったのだけど、点かず、もしくはわからず、まったく回答権を得られない。7 問目か 8 問目にようやく点いたのだけど「すいか」「花火」などはいつの季語?みたいな問題で、夏は罠だろうと思いつつ何故か「たなばた」という言葉が思い浮かんでしまい(そんな季節はない)、秋に切り替えられず誤答。悔やまれたことは悔やまれたが、しかしここまで完膚なきまでにやられると諦めはつく。今日はおれの日じゃなかった! まあ力も足りてない気もするが、しょうがない、こんなこともある。最終的には五人失格する荒れた展開になったが、突破されたお二方、おめでとうございました。
また機会があれば挑戦したいと思う。応援してくれた家族に感謝。ありがとうね。

そして

しかし明日は来る。今週の半ばでちょっと一山越えた感覚はあって、この日は半ばぶった切る感じではあったが定時で帰った。ばんざい。みんなで晩ごはんを食べながら赤毛のアンなど観る。よいよい。早く毎日こうなってほしい。
あと、代わりになるわけじゃないのだが、ちいさいザリガニたちがいるのは少し心の助けになる。幸いたろうも片手もすこぶる元気にしている。