黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

『ひとの目、驚異の進化:4つの凄い視覚能力があるわけ』 マーク・チャンギージー著/柴田裕之訳 インターシフト,2012-10-20

ひとの目、驚異の進化: 4つの凄い視覚能力があるわけ作者:マーク チャンギージー発売日: 2012/10/20メディア: 単行本少し前の本だけどめちゃくちゃ面白かった。これはおすすめ。人間の視覚にまつわる四つの話。* 小さい頃から不思議だった。人間の目がふた…

みんはや企画:「マジック・ザ・ギャザリング(カード名)」

読んで字のごとし、マジックのカード名を聞くクイズ。なにせ 10000 種類以上カードあるわけだから無限に作れるんだけど、さりとてどんなカードを問題にしてもいいわけじゃない。まあそれでも、聞きたいカードはたくさんあるよね。ということで楽しく 30 問作…

トグル

コンピュータ業界で使われる概念に「トグル」がある。みんな大好き CapsLock キー*1みたいに、同じ操作で ON-OFF を交互に切り替える UI のことをこう呼ぶのだけど、以前からちょっと不思議だと思っていた。電子部品としてのトグルスイッチは棒みたいなスイ…

忙しくねえ

あれの、前半戦最終日。しかしこの日が一番多くて5コマ全部入っていた。8時間中5時間だからそもそも半分以上そっちにかかってしまうし、間が 30 分しかなくなるので他のこと殆どできなくなる。ううむ。気がついたらあっという間に定時になってたしそこか…

ツール・ド・フランス 2020 第9ステージ

この日は面白かった。4級、1級、3級、3級、1級と山を越える山岳ステージ。最後は下り坂の後平坦が 8km ぐらい続いてゴールになる。序盤は激しい逃げ争いになったらしいのだが、観始めた頃にはマルク・ヒルシ(サンウェブ)の単独逃げが決まっていた。ダ…

LOCK OUT! in みんはや 上半期チャンピオン大会出場権争奪戦:レポート(失格)

というわけで、あまり書くべきこともないけれど。4月から行われていた「LOCK OUT! in みんはや」、8回分のチャンピオンを集めて一発勝負のプレイオフを行い、上位ふたりが本家 LOCK OUT! の方の上半期チャンピオン大会に出られるというもの。ルールは回答…

そして

しかし明日は来る。今週の半ばでちょっと一山越えた感覚はあって、この日は半ばぶった切る感じではあったが定時で帰った。ばんざい。みんなで晩ごはんを食べながら赤毛のアンなど観る。よいよい。早く毎日こうなってほしい。 あと、代わりになるわけじゃない…

ザリ子死す

過ぎてしまった今になって思えば、少しおかしいなと思うところはあったけれど。先週水を替えた直後ぐらいから、それまでにも増して水面に上がってくることが多くなって、よくすみかの屋根の上に乗っていたこととか。えさをあげても全く反応しなくて、食べて…

『アメリカン・プリズン-潜入記者の見た知られざる刑務所ビジネス-』 シェーン・バウアー著/満園真木訳 東京創元社,2020-04-30

アメリカン・プリズン (潜入記者の見た知られざる刑務所ビジネス)作者:シェーン・バウアー発売日: 2020/04/30メディア: 単行本どんな国にもいいところと悪いところはあるもので、いいところばかり見てうらやんでも悪いところばかり見てさげすんでもあまり意…

メグリム・ジャー・ウィズアウト・ジャー

今日もあれの続き。しかも朝イチのコマは自分が一応参加者になってるやつだっ。というわけで iPad の前に座ってなきゃいけないのだが、その前にうんこしといたろと思ってトイレの個室に入ってスマホ見てたら、なんとスマホの画面の特定の一部がかすんで見え…

IR

今日からあれ。陪席なので気楽なもん……ではあるが、一日四本もあると中々大変である。しかも説明者が Webex に上手く入れないというリモートならではのトラブルが二連発したりなどしてわちゃわちゃした。まあしかしこれ全部対面だったらそれはそれで大変です…

家焼肉

8 月 29 日は焼肉の日!というわけで焼肉にした。今日は 30 日だけどまあ気にすんなよな。外国産カルビ、国内産モモ、ハラミ、タンという感じ。モモ肉がちょっと硬かったのが残念だったけど、でもおいしかったですね。人間やはり時々肉(とごはん)をばくば…

カルボナーラもどき

カルボナーラもどきを作る。ベーコンの代わりにソーセージを使うのだけど、それ自体はまあまあ。ソーセージ自体はめちゃくちゃ旨みがあるからね。だけどスパゲッティを茹でる量が中途半端で、粉チーズと牛乳を(結果的に)ちょっと少なめにしてしまったら微…

何を言っているかわからない日記

来週からいよいよあれなのですが、それに備えて隣の課にちょっとわからないところ聞いておこうみたいなイベントを開いてもらったらそこに部長が入ってきて違う趣旨のイベントに変化し、最終的に資料の直しが発生した、みたいなことがありました。来週からっ…

『空のあらゆる鳥を』 チャーリー・ジェーン・アンダーズ著/市田泉訳 東京創元社:創元海外SF叢書,2020-05-09

空のあらゆる鳥を (創元海外SF叢書)作者:チャーリー・ジェーン・アンダーズ発売日: 2020/05/09メディア: 単行本中学の同級生だった魔法使いと科学オタクが、長じてから再び出会って世界を救う――これだけ読むとわけがわからないけど、そんなような話。 パトリ…

ただでさえ忙しかったり職場が暑かったりしてストレスの溜まる中、なんかかゆいなと思ったら蚊が職場の自分の席にまで入り込んできてて、叩き殺したときには四箇所も刺されていた、もうほんとうにぶっころすという気持ちになりますね。よろしゅうない。蚊は…

人工肉

今日も妻の作ってくれた晩ごはんをおいしいおいしいといただいて、「はーおいしかったあー」と言っていたら妻が実は今日のニンニクの芽の肉味噌和えに使われていた肉は本物の肉ではないと教えてくれた。ぬにー。そしてそう言われてみると微妙にコクの足りな…

『測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?』 ジェリー・Z・ミュラー著/松本裕訳 みすず書房,2019-04-27

測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?作者:ジェリー・Z・ミュラー発売日: 2019/04/27メディア: 単行本パフォーマンスを定量的に評価したい、という要請はあちこちにある。成果がお金にならない分野であればあらゆるところにあると言ってもいい。…

東京リボーン・5

息子が愛してやまない NHK スペシャルのシリーズ「東京リボーン」。まあ特別に素晴らしい番組というわけではないようにも思うけれど、東京の最新の再開発を切り口に都市のグランドデザインとか現場工事の大変さとかを描いてみせる、NHK ならではの気合いの入…

『情動はこうしてつくられる――脳の隠れた働きと構成主義的情動理論』 リサ・フェルドマン・バレット著/高橋洋訳 紀伊國屋書店,2019-10-31

情動はこうしてつくられる──脳の隠れた働きと構成主義的情動理論作者:リサ・フェルドマン・バレット発売日: 2019/10/31メディア: 単行本最初に書いておくと、すごく面白かった。のだけど、感想を書くのはけっこう難しい。 情動ってどういうものだろうか。喜…

認可の申請(※「建武の新政」みたいな感じでひとつ)

というわけで役所へ。このかつかつのスピード感、テンションは上がるしこういう感じが好きな人がいるのはなんとなくわかる気がするんだが、自分としては五年に一度ぐらいでいいかなというかんじである。説明とかに時間かかるかと思いきや提出して終わりだっ…

『チョンキンマンションのボスは知っている-アングラ経済の人類学-』 小川さやか著 春秋社,2019-07

チョンキンマンションのボスは知っている: アングラ経済の人類学作者:小川 さやか発売日: 2019/07/24メディア: 単行本ちょっと不思議なタイトルだが、ざっくり言えば香港におけるタンザニア人コミュニティのフィールドワーク記録。チョンキンマンションとい…

あつ森とかアソビ大全とか

海の幸について。 やってること自体はおそろしく単純で、海を泳いで泡を見つけて、そこまで近づいていって深く潜るとなんか採れるというそれだけである。ゲーム部分だけ切り抜けば 80 年代のベーマガに載ってそうというか。どっちかというとおれはこういうの…

冷コー

暑すぎて職場で飲むものも冷たいものばかりである。インスタントコーヒーとかティーバッグのお茶とかばかり飲んでいるのでオペレーション的には「少量のお湯で淹れた後氷をどかすか放り込む」という感じになってなんか効率悪いなーと思ってしまうのだが、ち…

通勤経路の光と影

地下鉄から出て職場に向かうとき、普段通る側は近いのだがずっと日なたで 100m ぐらい日に当たることになる。一方、反対側の出口から出ると一応は日陰の側で、多少は遠回りになるが陽射しは浴びずにすむ。試してみようと思いそちらから出てみたのだが、……う…

『地磁気逆転と「チバニアン」 地球の磁場は、なぜ逆転するのか』 菅沼悠介著 講談社:ブルーバックス,2020-03-18

地磁気逆転と「チバニアン」 地球の磁場は、なぜ逆転するのか (ブルーバックス)作者:菅沼 悠介発売日: 2020/03/18メディア: 新書サブタイトルとはちょっと違って、どちらかといえば古地磁気学の本。チバニアンはこの話題への切り口としてちょうどいい身近さ…

祭り

チームNでオンライン飲み会。ひさびさに顔を見てわいわいしゃべりながらもりもり食べる。顔を見られるのはいいんだけどやっぱ Zoom もどかしいなーという感じもある。早く集まれるようになるといいねと願うばかり。 ところで、珍しくちょっと飲んでもいいか…

ワイルドカードの日

はてなダイアリーにはへんてこな機能がたくさんあったんだけど、その中に「URLでワイルドカードを使える」というのがあった。はてダの日にち別の URL は d.hatena.ne.jp/username/yyyymmdd なのだけど、この yyyy の部分に ____ と入れると、存在するすべて…

あつい

いやー暑いですね。職場、五連休明けだったので(建物自体が閉鎖されるので誰もいなかった)くそ暑いのではないかと覚悟はしていたけど、出勤してみたら机の上の時計についてる温度計が 30.4℃ を指していました。ふざけるなという気持ちですね。しかもこれが…

みんはや企画:「under-20、もしくはちょっとだけひどい問題」

お題が狭い方が作問に対する取捨選択の余地が少ないので作問が早くなる。というわけで今回のお題は「20 以下の正の整数」。1~20 までの数、もしくは数にまつわる言葉が正解になる、という問題を 20 問作った。折角なので「一般的には答えが決まらないが 20 …