黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

MTG

みんはや企画:「マジック・ザ・ギャザリング(カード名以外)」

なんというか、ホームグラウンドのクイズを作りたいという思いはずっとあって、ちまちま作り溜めてきたのだけど、30 問たまったので部屋を立てた。人名、デッキ名、カードタイプ、ルールについて、聞けることはいくらでもある。答えたい人がいるかどうか。 …

基本セット 2021 仲間うちシールド戦

いつものやつ。今回は6人集まったのでスイスドローの3回戦。 《炎の心、チャンドラ》を筆頭に神話レア/レアが赤に4枚、赤緑に《ケルドの心胆、ラーダ》が入ってたのでまあ赤緑かなというところだったが、緑のクリーチャーが微妙。チャンドラが居るんだか…

マジックの会・リベンジ

入院中にシールド戦があって、参加できなかったのでリベンジの会を開いてもらう。ありがたや。今回はエンペラー戦で、オースブレイカーというフォーマットが採用された。まずは「オースブレイカー」と呼ばれるプレインズウォーカーを1枚定め、その固有色限…

日曜日へ向けて

MTG

デッキをふたつ組んだ。今回は謎フォーマットで、全くやったことないのでなかなか面白かった。片方はファンデッキで、ファンデッキなりの感じになったのでこんなもんかというところ。このフォーマットならではのカードが二枚ほど入れられたのはいい感じ。当…

メタゲーム

MTG

難しい理屈は必要ない。ティンカーが必ず勝つのである。ティンカーはティンカーだった。ファイアーズもティンカーだった。親和もティンカーだった。というわけで与えられたフォーマットでティンカーを作ることが重要ということになる。単色推奨、サーチ無し…

マジック納め:レガシーの会

MTG

例年だとエンペラーとかやるところなんだけど、今年は人が集まらず、レガシーのフリープレイ会になる。S家で行う予定がインフルエンザの発生で急遽我が家が会場になり、とばたばたしながらの開催だった。おれも研修であんまりマジックどころじゃなかったの…

エルドレインの王権仲間うちシールド戦

というわけで、エルドレインの王権仲間うちシールド戦が開催された。ひとつ目のパックを開けたら《呪われた狩人、ガラク》がこんにちはする。はい。なら緑黒と当然思ったのだが緑のクリーチャーが四枚しかないというごみのような引きで緑は諦める。黒の引き…

基本セット 2020 仲間うちシールド戦

MTG

いつもの。 発売されてから当日までそれなりに日数があったので、一応カードリストをチェックしておく。モリカツ氏が「この環境は先手」と書いていたのをちらっと見かけたこともあって、とりあえずこのセットに入ってる2マナ、3マナのクリーチャーを全部検…

リリアナさんを売り飛ばした。一度も使わないままであった。*くたびれたので仕事は最低限こなして早々と切り上げ、秋葉原へ。どうも QMA やる気が起きなくて、ナツゲーミュージアムでちょこちょこ。『ジャイラス』慣れるとどんどん進めて楽しい。ギャラガか…

灯争大戦仲間うちシールド戦

MTG

《永遠神オケチラ》《規律の絆》《戦慄衆の将軍、リリアナ(天野イラスト!)》と引き当てて、全部デッキに入れて三連勝。さすがにマジック簡単すぎる。そりゃ勝つわ。稀に見る大勝利。ちなみにリリアナさんは一度も手札に来なかった。マリガンしたときすら…

ラヴニカの献身発売記念身内シールド

MTG

というわけでいつものシールド戦。I兄が腕を複雑骨折して開催自体が危ぶまれたが手術してボルトを入れてこの日に間に合わせてきた。流石である。とはいえまだ腕が上がらないとか身体を開けないとかで相当大変そうではあった。怪我の直後は完全介護に近い状…

年末恒例エンペラー戦

MTG

やってまいりました、エンペラー戦。去年は人が集まらなくてできなかったので二年ぶり。 今回は勝利条件カードは自粛ということになった。勝利条件カード自体は楽しいしいいんだけど、ジェネラルが時間を稼いでエンペラーがソリティアする、だとちょっとマン…

カード屋めぐり

年末のお題デッキ作りに向けてカード屋のはしご。リアルカード屋で探すのあんまり効率よくないんだけど、独特の楽しさがあるんだよね。「血……血……」とか言いながらストレージごそごそあさったりして。 また松屋で晩めし。松屋好き過ぎでしょあんた。ねぎ塩豚…

カードの売却

例によって秋葉原へ。この日は珍しく少し買い物をする。ポメラ用の CR2032 と、単四のニッケル水素電池三本、そして半田ごてのこて先。後二者は週末の趣味の工作で使う。 ナツゲーミュージアムへ行くが、トイポップはなくなっていた。残念だけどまあそりゃそ…

ラヴニカのギルド発売記念仲間うちシールド戦

MTG

はい、やってまいりました、『ラヴニカのギルド』。多元宇宙の再再訪というのはドミナリア以外では初めてのはずで、それだけラヴニカの人気が高いということでもある。10 のギルドがあるという設定も比較的デザイン的にやりやすいみたいなのがあったりするの…

基本セット 2019・シールド戦

基本セット復活!ということで、恒例夏のシールド、8人でスイス3回戦。 家を出るのが遅れて、みんな飯食って構築も終わりかけみたいなタイミングでようやく到着。飯も喰わずに構築開始。プールはぱっと見珍しく緑と青が強く、一応除去と《墓場からの復活》…

ドミナリアシールド戦

MTG

ドミナリア、発売記念シールド戦。ちょっとマジック熱が落ちていて、カードリストを見たのも前々日とかそんな有様だった。《氷の干渉器》を引きますように*1、と勝手な願かけをしていざ構築へ。 レアを並べてみると《ベルゼンロック典礼》と《ヤヤの焼身猛火…

イクサランの相克、シールド戦。 流石にこれはねえだろ、というぐらいクリーチャーが弱いパックだった。一番でかい奴が5マナ 3/5。到底殴りあいはできない。そしてボムが一枚もない。一番強いカードは明らかに《征服者のガレオン船》だったが、単体で勝てる…

エンペラー戦(未遂)

MTG

年末恒例、エンペラー戦……の筈だったのだが、どうもみんな都合がつかず、I弟まで来れなくなって普段より少ない3人。まあこれはこれで、デッキを持って集まったらやるしかないので、普通にさしでやりあう。 今回のお題は「キーワード単」で、「キーワード能…

テザリングの話

テザリングの綴りは tethering で、意味は「つなぎとめる」——というのはクイズ的にはベタっぽいけど、個人的には tether と聞くと《締めつける鎖/Choking Tethers(ODY)》を思い出す。3U のインスタントで、クリーチャーを最大4体タップする、もしくは 1U で…

この日はカード屋をうろうろしていたので、QMA はやらなかった(なんとなく言い訳がましい)。 細々とカードを仕入れたので、4つぐらいはデッキを組めそうな感じ。大したものじゃないけどねえ。

イクサラン発売に伴う仲間内シールド

MTG

いつもの。 レアがあんまりぱっとしなくて、それでも《焼熱の太陽の化身》(3RRR,ETB でクリーチャーとプレイヤーに3点)を引いたのでこいつ出ればなんとかなるやろ、と赤を採用。あとはそこそこ枚数があった緑……まではよかったのだが、「時間稼ぎたいよな…

破滅の刻リリース仲間うちシールド戦

MTG

いつものアレ。夏なのでちょっと規模も大きく、参加者8人でスイスドロー3回戦。 レアがすごくいまいちで、迷ったあげくレアなしで組んだのだけど、腹をくくって《夢盗人》2枚の黒を中心に据えるべきだったか。実際に組んだのは緑白赤。で、ちょっとマナベ…

アモンケットシールド戦

定例のシールド戦。ぺりぺりパックを剥いていたら《試練に挑むギデオン》の光ってる奴が出てくる。ごっっつぁんです! 白は普通に使えそうで緑がまあまあ頭数揃っててでかいのも居たので白緑、あと赤の除去二枚と4マナ 4/3 督励くんを採用してタッチ赤。 一…

霊気紛争シールド戦

MTG

カラデシュ2、霊気紛争4のシールド戦。 配られたカードプールはレアが冗談みたいに弱く、カラデシュが《発明博覧会》と《電招の塔》。霊気紛争が《グレムリン解放》《造命師の動物記》《ギラプールの希望》《不許可》。ゲームに勝てるカードが一枚もない。…

年末恒例、エンペラー戦。 エンペラー@UB地獄界の夢。《地獄界の夢》を貼ってから《繁栄》(系のスペル)を打つと、味方のジェネラルにはドロースペル、相手のジェネラルにはX火力、という夢のスペルになる。しかしこの回は展開が早すぎて全く間に合わなか…

カラデシュ

MTG

カラデシュ発売ということでいつものメンバーでシールド戦。 《霊気嵐のロック》があってクリーチャーの頭数もそれなりの白と、除去が2枚と《霊基体の野心家》などがある黒を採用。あとアーティファクトクリーチャー数枚と機体2枚、最後に《溶接の火花》と…

異界月発売記念身内シールド、今回は8人揃ったので無事3回戦。《折れた刃、ギセラ》と《ドラグスコルの騎兵》を引き当てて白黒緑で組む。5ゲーム中4ゲームギセラが手札に来て、1ゲームも落とさずに全勝優勝。ただどちらかというとドラグスコルの騎兵の…

イニストラードを覆う影シールド戦(04-17記)

MTG

というわけで、カードリストも全部見切らずにシールドに参戦。なんと《大天使アヴァシン》を引いたが、結果から言うと 0-2-1。ひどいものだった。曲がりなりにも除去があった黒に引きずられて白黒で組んでしまったのが間違いで、2マナ3マナが全部かき集め…

最近よくこの文を思い出す。 彼は世界に対して怒り、家族に対して怒り、自分の人生に対して怒っていた。 だが、だいたいは理由もなく怒っていたんだ。有名な《怒り狂うゴブリン/Raging Goblin》のフレイバーテキストである。なぜ思い出すかといえば、娘がま…