黄昏通信社跡地処分推進室

黄昏通信社の跡地処分を推進しています

text

マグライト

家に置いてあるマグライトが点かなくなってしまったので、電池をチェックしてみると完全に切れている。電池を交換してみるが点かない。ばらしてみる。と、あちこち接点が錆びている。考えてみるとバイトの頃買ったので 20 年選手だ。そりゃ錆びるわい。とい…

COVID-19

厚生労働省の職員が検査もせずに職場に戻ったということで非難されているが、まず指摘しておきたいのは検査は無意味だということ。陽性ならフィルタできるが陰性だからといって感染していないことにはならない。しなきゃいけないのは検査じゃなくて隔離。し…

「悪女」 中島みゆき

先日ふと中島みゆきの「悪女」という歌を思い出してうろ覚えで口ずさんでみたのだが、一番の歌詞、めちゃくちゃ当時の事物が反映されていてすっごい「昔の歌!」という感じがする。土曜でなけりゃ 映画も早い ホテルのロビーもいつまでいられるわけもなしこ…

日本 SF 作家クラブに関する瀬名秀明氏の言及

『魔法を召し上がれ』の感想の冒頭にちょっと書いた日本 SF 作家クラブに関する話は以下の通り。もう本人も消してしまっているのでわざわざ掘り起こすのも……という気もするが、しかし 2013 年当時の日本 SF 作家クラブがどのようなものであったのかを知るこ…

はてなダイアリー時代のリンクが微妙になってしまっている件について

このブログははてなダイアリーから移行したものだ。はてなダイアリーには各日付のエントリに対する URL のポリシーが二種類あって、ユーザはそのどちらかを選ぶことができた。ひとつは一日分をひとつのエントリとして扱うもので、もうひとつは1見出しをひと…

Outlook 地味にイラッとすんな問題 2019

10 年代も最後の年になって、情報関係の部署から「Outlook のプレビューは切っとけよ、あとテキスト形式の表示にしとけ」みたいなお達しがあり、「…………20 世紀 ??」と思ってしまったのだが、そういえばなぜか自分の Outlook の設定は HTML 形式表示になって…

ピエール逮捕

ピエール瀧の逮捕のニュースにはさすがに驚いた。あの芸風というか立ち位置的にはほんとにクスリやってると全然笑えないよね。もうひとつ驚いたのは「二十代の頃からやってた」みたいな話がぽろっと出てきたことで、だとすると二十年以上やってても特に廃人…

インターネットで動画を見ることについて

昨日ちらっと書いたことに関連して。 とは書いたもののおれはこういうとき貼られてる動画をあんまりちゃんと見ないので 「インターネットで動画を見る」ことに対する漠然とした忌避感のようなものがどういうわけかずうっとある。理由はよくわからない。たと…

万博とオリンピック

もうこれもすごく今更になってしまったけど、一応書いておく。 少し前にオリンピックについて書いた。オリンピックというのは(関係する競技の*1)スポーツマンにとっては人生を左右するイベントであって、スポーツというのは人類が誇るべき文化であり、仮に…

紙巻きたばこ

この話は妻から聞いて初めて気がついて、実に面白いと思ったので書いておく。 紙巻きたばこという言葉がある。もともとは煙管や葉巻に対して使われる言葉で、つまり新しい概念を既存のものと区別するために明示的に「紙巻き」と呼んでいた。やがて煙管や葉巻…

人工バラン

妻が職場(古本屋)で見たかなり古い雑誌の広告に「人工バラン」という文句があったらしく、それには中々しびれた。いまバランと言えば人工に決まっているしそもそも人工じゃないバランがあるのかという衝撃があったが、考えてみるとどうみても葉っぱを模し…

ふたつ並んでいるやりかた

トイレの個室でトイレットペーパーのホルダーがふたつ横に並んでいて、どちらにも紙がセットされている、というシステムがあったとする。ふたつのホルダーの残っている紙の量に差があるとき、無意識にたくさん残っているほうから使ってしまう人は多いのでは…

スーパーマリオオデッセイ:ノコノコレース知見(その1)

レベルとしては「マスターカップに勝つ」ところまで。 帽子の国 かなり難しい。スタート直後、飛び降りる前にジャンプして柵の上に乗ってそこから前方へ跳ぶこと。失敗すると下のテラスに引っかかってしまう(引っかかってもすぐもう一度前方にジャンプすれ…

四月は俺の嘘

エイプリルフール。 基本的に面白いねたを考えつかないのでこのブログでもエイプリルフールはやってこなかったんだけど(参考→過去の四月一日のエントリ)、他の人や会社なんかがやる分にはいいよねというスタンスでこれまでは来た。それは当たり前のことで…

いつも使う大江戸線の駅でエレベータ工事をしているのだけど、これがまあ大変である。工事自体はたぶんまあ普通なのだが、エレベータが一本しかないので工事期間中エレベータが必要な人には階段昇降機での通行をお願いしている。実際使うときにはその階段を…

ル・グウィン作品の思い出

アーシュラ・クローバー・ル・グウィンが亡くなった。享年 88 とのことで、ついに……という感じはある。 「ゲド戦記」作者A・K・ル=グウィン氏死去 88歳 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News たぶん小学生の頃『ゲド』三部作を読んで、すごく面白いと思い*1、…

ベランダからかいま見た世界のこと

7月上旬のある夜、洗濯物を干すためにベランダに出た。まだ朝晩は比較的涼しく、それでも夏の訪れの気配は充分にはらんだ夜の空気が身体にふっとまとわりついてきた。その瞬間、20 年以上前のやはりこのぐらいの季節に、実家のベランダから見ていた光景のこ…

今更ながら、食器洗浄乾燥機について

我が家に食器洗い機が導入されておれがいかに楽になったかはどんなに強調してもし足りないと思ってるんだけど、なんか世間の同様の言説を見ているうちに自分がめちゃくちゃ食器洗うの下手らしいことに気がついた。「毎日 20 分節約できるとして」みたいな試…

最新アフタヌーン事情

https://anond.hatelabo.jp/20170615122840 アフタヌーンってやっぱゴミ雑誌だな なんてエントリが増田にありまして、アホ言ってんじゃねえ『青野くんに触りたいから死にたい』だけでも読め、みたいな脊髄反射的ブコメを叩き込みたくなりましたが、実際まあ…

増田のこのエントリがよかった。 http://anond.hatelabo.jp/20170219184437 エントリそのものにもへえ、と思う記述があってよかったのだけど、ブコメがすごく面白かった。いろいろな人が、たぶんそれぞれの地元から東京に出てきたときの印象を気負わずに書い…

七草粥

セリ:葉もの野菜。これが一番まとも。 ナズナ:雑草。ぺんぺん草。この時期はロゼット。 ゴギョウ:雑草。今のハハコグサ。この時期はロゼット。 ハコベラ:雑草。今のコハコベ。 ホトケノザ:雑草。今のコオニタビラコ。この時期はロゼット。 スズナ:根菜…

増田算額

増田に以下のような問題が出ていた。 自然数m以下の数であって、mと互いに素な数をm(j) 1≦j≦rとし、その集合をSとする このとき、Sの任意の数nに対し、あるm(j)があって、nm(j)はmで割ると1余ることを示せ。問題を見てもぴんと来なかったが、いくつかの …

賢押杯の参加資格について。

すごく今更だけど、思うところもあるので書いておく。 注意:このエントリは、賢押杯2016 公式blog の 2016-09-03 のエントリを読む前に書かれた。論争を蒸し返す意図はなく、ただ後半に書いた伝えたいことを伝えたいのでここに置いておく。 というわけで、…

しゃかなさん

台所に立っていて、ふと「しゃかな しゃかしゃか しゃかなしゃん」というフレーズを思い出した。『魔法おしえます』という本に出てきた、ということまでは珍しく憶えていた。主人公が謎の魔法使いに呪文を教えてもらって、その呪文を唱えながら池に煮干しを…

セルモーターとおれ

教習所で習った知識で「これ一生使わねえだろうなー」と聞いた瞬間に思ったのに今でも忘れないのが、踏切内でエンストしちゃったときに、踏切から脱出する程度の距離だったらセルモーターを回しながらクラッチをつなげばエンジンをかけなくてもモーターの力…

アスファルトとコンクリート

少し、というかもうもしかすると三ヶ月ぐらいは前だろうか、息子に「アスファルトって砂や石は入ってるの?」と聞かれた。たぶんその前におれがコンクリートについて「セメントに砂とか石とか混ぜた奴なんやで」というような説明をしたから――だと思うのだが…

ゲスの極み乙女、とりたてて思い入れはないのだけど、実写版『すべてがFになる』のオープニングで使われていた「デジタルモグラ」は印象に残っている。あとはどこで最初聞いたのかわからないのだが「ロマンスがありあまる」はすごく好きで、ちょくちょく聞…

ふるさと(じゃない)納税

もう先週のことだが、ふるさと納税とかいう狂ったシステムのおかげで、おいしい肉を食べた。このシステムは狂ってるのであんまりよくないと思うけど、肉に罪は無いと思った。せっかくだから久しぶりに牛タンでも喰ったるかと思って別途牛の舌を買ってきたの…

いちごのつぶつぶ

イチゴはあの外側のつぶつぶ部分こそが(「種子」ではなく)「果実」である、という話は中学の生物のプリント*1に書かれていたのをずっと憶えていて、先日家でその話をしたところ「じゃああの赤くて甘くておいしいとこはなんなの?!」という話に(当然)なり…

ポーションを小さくして値段を据え置くのはやめろ

今の家に引っ越してきたときに妻がティッシュケースを作ったのだが、使っているうちにさすがに汚れてきたので洗濯機で洗ったところ流石に縮んでしまい、ぐいぐい引っ張ってやっとティッシュの箱が入る、みたいな状態になってしまった。とはいえ入らないこと…